■ 生理前になるとイライラして彼氏とケンカしてしまう。もう別れるしかないと言われた・・
・ なぜか無性にイライラしてしまう生理前
・ PMS(月経前症候群)って何?
・ はっきりとした原因はわかっていない

 

 

生理前になると、なぜだかわからないけどすごくイライラしてしまうことってありますよね。

 

 

私も生理前は無性に腹が立って人や物に八つ当たりして、いつも怖い顔をしていました。
周りからは「何怒ってるの?」と逆ギレされ、特に男性からは白い目で見られる日々でした。(涙)

 

 

イライラしたくてしてるわけじゃないのに、気持ちが制御出来なくてツライですよね。

 

 

生理前の気分の変調や、体調の変化は、「PMS(月経前症候群)」と言われているそうです。

 

 

PMSって一体なんなのか、どうしてそのような症状が出るのか、調べてみました。

 

 

PMS(月経前症候群)とは、生理が始まる3~10日頃からその症状があらわれます。
人によって様々ですが、イライラや気分の沈み、頭痛や乳房の張りなどがあるそうです。

 

 

その症状の数は、なんと200種類以上もあり、悩んでる女性がたくさんいるんだそうですよ!

 

 

はっきりとした原因はわかっていませんが、女性ホルモンのバランスが影響しているみたいなんです。

 

 

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。
排卵後の「黄体期」と呼ばれる時期に、この2つのホルモンは急激に変動するそうです。

 

 

PMSの症状が出るのは黄体期なので、これが原因ではないかと言われているそうですよ。

 

 

また、普段エストロゲンの方がプロゲステロンより分泌量が多いですが、黄体期は異なります。

 

 

エストロゲンが減ると、「セロトニン」というホルモンの神経機能が低下してしまいます。
セロトニンの機能が低下すると、気持ちが不安定になるので、PMSの症状が出るそうですよ。

 

 

■ コレってPMS?プレフェミンが注目される理由
・ 医療用医薬品を除いては、ただひとつのPMS治療薬
・ ほとんどの人が症状が改善されたみたい

 

 

女性特有のツライPMS、薬でなんとか症状が抑えられるなら藁をもすがる思いで使いたいですよね。

 

 

でも、「症状はイライラだけだし、婦人科を受診するほどでも・・」と躊躇してしまいますよね。
私は、気分の変調に加え、激しい腹痛と吐き気で泣くほど辛かったので、病院へ行きました。(涙)

 

 

そこまで症状が重くなくて、でもこのイライラをなんとかしたいという方は、市販薬がオススメです。

 

 

聞いた事がある方もいると思いますが、「プレフェミン」という薬が良いそうですよ。

 

 

どうしてプレフェミンがPMSに悩む女性に注目されているのか、調べてみました。

 

 

プレフェミンは、医療用医薬品を除いて、「日本で唯一のPMS治療薬」として知られています。
薬局で買えるので、病院へ行くほどでもない、時間が無いという方でもOKですね。

 

 

この薬を飲んだ、83%の方が「イライラが軽減された」という結果があるんですよ!
さらに、抑うつ症状が改善された人は全体の84.6%、怒りは90.2%の人が治まったそうです。

 

 

このプレフェミンは、服用を続けるほどに効果を実感する人が多いようですよ。
月経1周目で64.2%、2周期目で80.6%、3周期続けると91%の人が改善されたそうです。

 

 

国内での臨床試験の結果に基づくデータなので、効果もきちんと立証されています。

 

 

「生理前のイライラをなんとかしたい!」という方は、一度プレフェミンを試す価値アリですよ!

 

 

■ プレフェミンに含まれている「チェストベリー」って?
・ パッケージに書かれているチェストベリーって何?
・ 西洋ハーブの一種で、「女性のためのハーブ」と呼ばれている
・ ホルモンバランスを整える効能も

 

 

プレフェミンのパッケージを見ると「チェストベリーが効く」と書いてありますよね。

 

 

ブルーベリーなら聞いた事あるけど、チェストって、胸ベリー?と、謎に思いました。(笑)

 

 

でもそれが「効く」と書いてあるんだから、とても良い成分なのかなと思いますよね。

 

 

チェストベリーがどんな働きをするのか、調べてみたのでいくつかご紹介します。

 

 

チェストベリーは、南ヨーロッパから中央アジアが原産の、西洋ハーブの一種だそうです。
古くから、婦人科系の疾患に使用され、「女性の為のハーブ」として知られています。

 

 

また、ドイツで研究が進められ、チェストベリーはホルモンと似た作用があることがわかりました。

 

 

このハーブは、プロゲステロンの分泌を促して、エストロゲンとのバランスを整えるそうですよ!
さらに、チェストベリーは脂肪酸、フラボノイド、アルカロイドなどの成分を含んでいます。

 

 

これらの成分が、ホルモンバランスを整えて、PMSの症状を和らげると言われているんですよ。

 

 

古くから女性の悩みを解消してきたチェストベリーで、PMSの症状を抑えましょう!

 

 

■ 普段の生活でPMSの症状は抑えられる?
・ 薬以外で出来るPMS対策とは?
・ 食事や運動、ストレスを溜めないことが大事

 

 

毎月、どうしようもなくイライラしていると、自分自身に疲れてしまいますよね。
生理が終われば、「なんであんなにイライラしてたんだろう?」と不思議に思う位です。

 

 

そんな生理前のイライラや鬱っぽさ、頭痛など、出来ればずっと感じたくないですよね。

 

 

薬に頼るのも良いですが、普段の生活で出来る、PMSの対処法をいくつかご紹介します。

 

 

まずは、出来るだけ、アルコールや塩分、カフェインの摂取を控えると良いそうです。
イライラやむくみの原因につながって、PMSの症状が悪化することがあるそうですよ。

 

 

そして、ウォーキングや筋トレなどの適度な有酸素運動を行うことが良いとされています。
深呼吸をすることでリラックス出来て、運動効果の高い、ヨガがおすすめですよ!

 

 

煙草は、受動喫煙も含めて、血行を悪くするので、ホルモンバランスの乱れに繋がります。
できるだけ、タバコから離れた生活をするように心掛ける事が良いそうですよ。

 

 

■ 「PMSダイアリー」をつけよう
・ 基礎体温などを毎日測る事で生理周期が分かる
・ イライラしやすい時期も見当がつきやすい

 

 

皆さんは、毎朝体温を測ったりして、自分の生理周期を正しく理解していますか?

 

 

極度の面倒くさがりの私は、体温は測らないし、生理周期もイマイチ把握していません。(汗)

 

 

でも、毎朝体温を測って「基礎体温」を知ることって、とても大切なことらしいんです。

 

 

基礎体温を知ることで、PMSの症状が出る時期の見当をつけることが出来るそうなんです!

 

 

PMSの症状が出る時期のからだの変化について、ご紹介しますので参考にしてくださいね。

 

 

毎朝基礎体温を測っていると、体温がいつもより高くなる時期があるんだそうです。
これを、「黄体期」と言い、排卵が終わってから月経が始まるまでの間のことを言います。

 

 

排卵後の、体温が高くなっている黄体期の間に、PMSの症状が出るんだそうですよ!

 

 

なので、毎日体温を測って生理周期を正しく理解することで、PMSの発症時期がわかるんですね。

 

 

あらかじめ、PMSを発症しそうな時期がわかると、心構えが出来て心に余裕が出来ると思います。

 

 

パートナーの方にも、「明後日くらいからイライラするけど気にしないで!」と言えますしね。(笑)

 

 

毎朝の体温チェックで、黄体期の時期を見当つけて、それに合わせた生活を送ると良いですね。

 

■ プレフェミンの副作用は?
・ 発疹やかゆみなど皮膚の異変が主な副作用
・ 中には頭痛や吐き気がする人も

 

 

PMS(月経前症候群)に効く市販薬のプレフェミンって、副作用はあるのでしょうか?

 

 

イライラや鬱っぽさ、頭痛や吐き気などのPMSの症状は、はやくなんとかしたいですよね。
でも、もし副作用があったらもっと辛くなるかも・・と服用を躊躇してる方もいると思います。

 

 

PMS改善薬のプレフェミンの副作用にはどんなものがあるのか、調べてみました。

 

 

プレフェミンの主な副作用は、発疹や皮膚の赤み、かゆみなどの皮膚トラブルだそうです。
また、薬アレルギーを持っている方には、アレルギー症状が出やすくなるみたいですよ。

 

 

しかし、中には頭痛や吐き気、お腹の不調(下痢など)が起こる方もいるようです。
このような症状は、逆にPMSの症状が悪化してしまっている事が多いようですよ。

 

 

プレフェミンを飲み始めて、吐き気や頭痛、下痢をするようになった方は要注意です。
一度服用を中断して、婦人科を受診してお医者さんに相談するようにしましょう。

 

 

■ 頭痛、下痢になった人の口コミ
・ プレフェミンを飲み始めて不調が現れた、どうして?
・ 実際飲んだ人の悪い口コミ

 

 

ツライPMSの症状を少しでも和らげようと、プレフェミンに注目してる方も多いと思います。

 

 

でも、どうやら副作用があって、逆にPMSの症状が悪化してしまう人もいるようです。

 

 

代表的な副作用は発疹などの肌トラブルだそうですが、吐き気や頭痛を感じる方も多いみたいですよ。

 

 

実際にプレフェミンを飲んで、頭痛や下痢になってしまった方の口コミをいくつかご紹介します。

 

 

「イライラすることは減ったけど、胃痛や眠気がひどくなった」
「吐き気や頭痛で体調不良になったけど、服用を止めたら治まった」
「いつもよりひどくお腹が張った」
「飲み始めて3日くらいで吐き気と頭痛で気分が悪くなった」

 

 

など、薬がからだに合わないことで頭痛や胃痛などの症状が出てしまうようですよ。

 

 

■ プレフェミンは飲む時間が決まっている?!
・ プレフェミンを飲む時の注意事項とは
・ 時間を決めて、毎日その時間通りに飲まなければいけない

 

 

プレフェミンは薬局で買える薬だから、ピルよりは気楽に飲めそうな感じがしますよね。

 

 

私はPMS対策にピルをずっと飲んでいましたが、飲み忘れる事が多かったんですよね。
飲み忘れた時は、処方された時にもらったピルについての冊子を毎回読み直していました。(笑)

 

 

そんな面倒なことも、プレフェミンならしなくても良いのかと思いましたが、違いました!

 

 

プレフェミンの服用時の注意事項について、ご紹介しますので参考にしてくださいね。

 

 

プレフェミンは、一度服用を始めたら、少なくても一箱(30日分)飲み続けなければいけません。

 

 

そして、プレフェミンを飲む時間を決めて、その時間通りに毎日服用しないといけないようです。

 

 

飲み方は、ピルと同じ感じなので、仕事の休憩時間が不定期な方には辛いかもしれませんね。

 

 

もし、飲み忘れてしまった場合は、気付いた日から服用を再開すると良いみたいですよ。
しかし、1日2錠以上の服用は避けるように指示があるので、そこはピルと異なりますね。

 

 

■ 買う時は薬剤師さんに言わないといけない?
・ 陳列されているものを勝手に取ってレジに持っていっていい?
・ 薬剤師さんに症状を説明してから購入できる
・ 2回目以降はカードの記入&提出

 

 

プレフェミンは、薬局などで購入出来るので、誰でも気軽に買う事ができそうですよね。
「お医者さんに行って診てもらうのも恥ずかしいし・・」という方には良いものかもしれません。

 

 

でも、市販薬だからこそ、専門知識を持つ人のアドバイスなどが必要になるそうなんです!

 

 

「どういうこと?」と思いますよね、プレフェミンの購入時の流れについてご説明します。

 

 

まず、プロフェミンは「薬剤師が常駐している店」にしか置いていない薬なんです。

 

 

というのも、プロフェミンを購入したい方は、まず薬剤師さんの所へ行かなければいけないんですね。
そこで生理前に起こる症状などを詳しく説明して、PMSであるかどうか確認してもらいます。

 

 

症状がPMSが原因だと薬剤師さんが判断したら、プレフェミンを購入することができます。

 

 

その薬局にいるのが若い男性の薬剤師さんだったら、恥ずかしくて言いにくいですよね。
これがネックになってプロフェミンが気になるけど試せない人も多いようですよ。

 

 

そして、2回目に購入するときは、「購入カード」を記入しなくちゃいけないんです。
そのカードは、購入するのが何度目か確認するためで、薬剤師さんに提出するものだそうですよ。

 

 

プレフェミンを3ヶ月以上続けて飲む場合は、一度お医者さんに相談して許可をもらう必要があります。

 

 

そのため、購入カードというものがあって、購入記録を薬剤師さんが確認するんですね。

 

 

 

 

■ プレフェミンを飲むと太るって本当?
・ 太ったという口コミを見かけた
・ 生理前はホルモンバランスの乱れで体重増加がしやすい
・ 生理前の体重増加はすぐ戻る

 

 

プレフェミンについて、「太った」という声を聞いたことのある方はいませんか?

 

 

ごくまれにですが、プレフェミンの副作用として、そんな症状があるみたいです。
「太る薬なんて嫌!」と思いますよね、私も太るくらいなら薬を我慢します。(笑)

 

 

プレフェミンを飲んだら、本当に体重が増加してしまうことがあるのか、調べてみました。

 

 

そもそも、PMS(月経前症候群)の症状のひとつに、「体重増加」があるんですよね。
これは、PMSを発症する「黄体期」に、ホルモンバランスが大きく変動するために起こります。

 

 

黄体期には、プロゲステロンという「妊娠を助けるホルモン」が多く分泌されるんです。
このプロゲステロンは、細胞に水分を蓄えて、脂肪の代謝を遅らせようとする性質があるんですよ!

 

 

妊娠・出産の出血に備えて、プロゲステロンが体に栄養を蓄えようとするからなんですね。

 

 

そのため、生理前には個人差はありますが1~3kg程度は体重が増加しやすくなるんです。

 

 

「プレフェミンで太った」というよりは、薬がからだに合わず、PMSの症状が出ているんだと思いますよ。

 

 

■ プレフェミンの飲み方、飲み合わせNGなものは?
・ いつ飲んでもいいの?
・ 他の薬と併用する場合は必ず薬剤師に相談を

 

 

プレフェミンって、いつ、どのタイミングで、何と一緒に服用したら良いのでしょう?

 

 

いわゆる「薬」は、食前だとか、食後だとか、夜寝る前とか色々決められていますよね。

 

 

プレフェミンも、他の薬と同じように、飲む時間帯は決められているのでしょうか?

 

 

実は、プレフェミンは「飲むタイミング」にちょっとした決まり事があるんですよ!
他にも、プレフェミンとの飲み合わせは控えた方がよいものと一緒にご紹介します。

 

 

プレフェミンを飲み始めるタイミングは、「月経開始直後」から、1日1錠服用します。
飲む時間について、特に指定はありませんので、自分の好きなタイミングで飲んで大丈夫です。

 

 

でも、一度飲む時間を決めたら、翌日から同じ時間に飲むようにしないといけないんです!
例えば、朝8時に最初の1錠を飲み始めたら、次の日から毎朝8時に飲まなければいけません。

 

 

有効成分が24時間じっくり効いていくので、飲む間隔が短いと効き目が強過ぎてしまいます。
逆に、飲む間隔が開いてしまうと、せっかくの効果が薄れてしまうかもしれないからなんですよ。

 

 

飲むタイミングは、毎日きちんと薬を飲む時間が取れる余裕のある時に飲むようにしましょうね!

 

 

プレフェミンは、他の薬と同じように、1日1錠を水かお茶で飲んでくださいね。

 

 

他に常用している薬がある場合、プレフェミンを飲み始める前に必ず薬剤師に相談してください。
他の薬との併用は、効果が薄れたり、相互作用で症状が悪化してしまう恐れもあるからなんですよ。

 

 

また、薬アレルギーをもっている方は、アレルギー症状が出ることがあるようです。

 

 

■ 飲み忘れちゃった!2日分まとめて飲んでいい?
・ プレフェミンを飲み忘れたらどうしたらいい?
・ 1日2錠以上の服用は厳禁!

 

 

「毎日薬を飲む」、って意外と管理が大変で、つい忘れてしまったりするんですよね。

 

 

私も、2週間分の薬を処方されたのに、2週間経っても5回分位残っている事が多々ありました。(汗)

 

 

もったいないな、と毎回思うんですけど、なかなか難しかったりするんですよね。

 

 

「プレフェミンは小さい薬だし、2日分くらいまとめて飲んでも良い?」と思ってしまいますよね。

 

 

プレフェミンの公式サイトにも書かれていますが、「1日1錠以上の服用は厳禁」だそうですよ!
飲み忘れてしまった場合は、気付いたその日から服用を再開するだけで良いそうです。

 

 

決して、飲み忘れていた分をまとめて飲むということはしないでくださいね。
過剰摂取は、からだに何らかの悪影響を与えてしまうので、用量はしっかり守りましょう!

 

 

■ プレフェミンは3ヶ月以上飲んだらいけないの?
・ 飲み続けることで効果があがるプレフェミン
・ 3ヶ月以上服用する場合は医師に相談してから

 

 

プレフェミンは、飲み続けることでその効果があがるって知っていましたか?

 

 

1ヶ月で約6割の人が、3ヶ月続けると約9割の人が効果を実感したというデータがあるんですよ。

 

 

「じゃあずっと飲み続けていればPMSとサヨナラできる!」と思いたいですが、難しいようです。(泣)

 

 

何が難しいのか、プレフェミンを飲み続けることは出来ないのか、調べてみました。

 

 

プレフェミンの注意事項には、「3ヶ月以上の服用は医師への相談が必要」と書いてあります。
薬局で買えるから選んだのに、結局お医者さんに行かなきゃいけないなんて面倒くさいですよね。

 

 

3ヶ月服用すれば、中断してもPMSの症状が軽くなったという実験データがあるそうです。

 

 

それでも「症状が軽くなった」だけで、根本的なPMSの改善にはなってませんよね。

 

 

プレフェミンは、PMSの症状が重い方にはちょっと不向きな薬なのかなと思いますよ。

 

■ プレフェミンは通販で買える?「要指導医薬品」ってなに?
・ プレフェミンはお店へ足を運ばないと買えない
・ 「要指導医薬品」って?
・ 薬剤師さんからの提供・指導が必要

 

 

日本で唯一のPMS(月経前症候群)治療市販薬であるプレフェミンは、薬局で購入出来ます。

 

 

「薬局で買えるなら、ネットでも買えるんじゃない?そっちの方が安そうだし」と思いますよね。
私も最近買い物するときは、ネットで探して最安値の通販サイトを探し出しています。(笑)

 

 

なかなか薬局に行く時間が取れない方は、ネットで購入出来れば一番良いですよね。

 

 

プレフェミンも、インターネットを通して手軽に購入する事が出来るのか調べてみました。

 

 

プレフェミンは、「販売時に薬剤師による対面での情報提供や指導が義務付けられている」薬なんです!

 

 

それは「要指導医薬品」と言い、それに指定された薬は通販で買うことは出来ないんです。

 

 

プレフェミンを初めて購入する時は、薬剤師さんに自分の症状を詳しく説明しなくちゃいけません。
そこで、薬剤師さんが最終的にPMSであると判断した場合のみ購入することが出来るんですね。

 

 

なので「薬剤師さんがいる薬局」でしかプレフェミンは買う事ができないんですよね。
薬剤師さんが居ないドラッグストアなどもあるので、購入場所選びは慎重にしましょう!

 

 

■ 薬剤師がいるドラッグストアってマツキヨとか?いつも常駐している?
・ 薬剤師ってどこの薬局にもいるの?
・ 時間帯によっては不在のお店も

 

 

薬剤師、って全部の薬局・ドラッグストアに常駐しているのか、わからないですよね。

 

 

私は普段買い物に行くときに、薬剤師さんがいるかどうかチェックしないのでわからないです。(笑)

 

 

薬剤師さんがいるお店はどんなところがあるのか、また常駐しているのか調べてみました。

 

 

最近は、チェーン展開しているドラッグストアでも様々な医薬品が買えるようになりました。
プレフェミンのような要指導医薬品も多く、薬剤師が居るお店が増えてきているんです!

 

 

あとは、処方箋を受け付けている薬局ドラッグストアには必ず薬剤師さんがいますよ!
薬を処方するのは、薬剤師さんの仕事なので、当たり前といえば当たり前ですね。(笑)

 

 

しかし、最近のドラッグストアは深夜まで営業しているお店も多いんですよね。

 

 

そうなると、時間帯によっては薬剤師さんが不在している場合があるんですよ。
薬剤師さんがパートというところは、18時以降に不在になってしまうお店が多いみたいです。

 

 

仕事が忙しくて20時くらいにならないとお店に行けないという方は少し大変かもしれませんね。

 

 

■ PMSを抑えるサプリがあるの?
・ 時間が取れなくて薬局に買いに行けない
・ PMSの改善をするサプリメントがある!

 

 

気軽に買えると思ったプレフェミンも、購入の際に色々手順があって面倒くさそうですよね。

 

 

せっかく購入できても、「副作用があったらどうしよう」と不安になってしまうと思います。

 

 

実は、通販で気軽に買えて、副作用の報告も少ない、PMSに効くものがあるんですよ!

 

 

意外かもしれませんが、PMSのためのサプリメントがあって、愛用してる方が多いんですよ!

 

 

サプリメントは食材のひとつなので、薬剤師さんに相談する必要がないのが良いですよね。
さらに、ネットなど通販を利用して購入出来るので、忙しい方にピッタリだと思います!

 

 

有効成分も、プレフェミンと変わらない含有量のものもあるので、効果も同じくらいありそうですね。

 

 

■ オススメは「ルナベリー」
・ PMS改善サプリもたくさんあるみたいだけど・・
・ 有効成分「チェストベリー」が含まれているものを選ぼう
・ オススメは、副作用の報告がないルナベリー

 

 

ネットで「PMS サプリメント」で検索すると、たくさんの商品がヒットしますよね。

 

 

「どれを選べば良いかわからない!」と見ればみるほどわからなくなってしまいます。

 

 

そんなときは、サプリメントに含まれる、PMSに効く有効成分をチェックしてみましょう!

 

 

天然成分で、古くから婦人科系疾患の症状緩和に使用されているハーブがあるんですよ!

 

 

それは、「チェストベリー(ツリー)」と呼ばれる薬草で、PMS改善に効果的なんです。
プレフェミンにも、有効成分としてチェストベリーが配合されているんですよ。

 

 

なので、チェストベリーが配合されているサプリを選べば、プレフェミンと同じ効果が得られるんです!

 

 

数あるPMS改善サプリメントの中でも特にオススメなのが「ルナベリー」というサプリです。

 

 

天然由来の成分から出来ていて無添加なので、安心して飲む事が出来るんですよ。
さらに、プレフェミンと違って、副作用の報告がないというのも大きなポイントです。

 

 

チェストベリーもプレフェミンと同じ位含んでいるので、薬と変わらない効果があるんですよ。

 

 

サプリメントなら、ネットや通販で購入することが出来るので、手軽で良いですね!

 

■ プレフェミンの成分「チェストベリー」とプレフェミンにはいっている含有量
・ 有効成分のチェストベリーって?
・ 女性のためのハーブとして古くから使用されている
・ プレフェミンには40mgのチェストベリーエキスが入っている

 

 

プレフェミンのパッケージを見ると、「西洋ハーブ チェストベリーが効く」と書いてありますね。

 

 

なんだかあまり聞いたことのない名前ですが、海外では昔から馴染みのあるものだそうです。
最近になって日本でも少しずつその名前が知られるようになってきたようですよ。

 

 

ドイツでは近代的な研究が進められていて、PMSへの効果が認められているんです!

 

 

ドイツでは、「医薬品」として使用されるほど効き目が強いチェストベリーについて調べてみました。

 

 

PMSは、生理前のそのふたつのホルモンバランスの急激な変動により起こるという説がありますよね。

 

 

チェストベリーは、ふたつの女性ホルモンのバランスを整えるはたらきがあるんだそうです。
このハーブには、脂肪酸やフラボノイド、アルカロイドが含まれているそうなんです。

 

 

この3つの成分が、特にプロゲステロン(黄体ホルモン)を正常化に導くそうです!

 

 

チェストベリーの1日の摂取量として推奨されているのは30~40mgだそうです。

 

 

プレフェミンには、チェストベリーの乾燥エキスが40mg配合されているんですよ。
1日に適量を摂ることが出来るので、飲み過ぎなければ安心して飲むことが出来ます。

 

 

■ プレフェミンだと挫折しそうと思った。
・ 飲み始めたら最低1ヶ月は飲み続けなきゃいけない
・ 飲む時間は一度決めたらそれを守れなければいけない
・ 副作用があるかもしれない
・ だから続けるのが難しそう・・

 

 

プレフェミンを試してみたいけど、続けれられなさそうだと感じる方はいませんか?

 

 

私は実際に試したことはありませんが、説明書きを読んだだけで「無理だな」と思いました。(笑)
私のような面倒くさがりでズボラな性格の方には続けるのが大変そうな気がします。(苦笑)

 

 

プレフェミンの用法や用量は、他の薬と違って決まりがたくさんあるんですよ。

 

 

プレフェミンを服用するときの注意事項や飲む期間などをまとめてみました。

 

 

まず、プレフェミンは一度飲み始めたら、一箱飲み切るまで服用を続けなければいけません。
次の生理がくるまで(PMS発症時期がくるまで)は、薬が効いているかわからないからなんです。

 

 

そして、最初に飲んだ日と同じ時間にプレフェミンを飲み続けなければいけないんです。
24時間じっくりその薬が効いていくので、飲む間隔が短くても長くてもダメだそうですよ。

 

 

購入するときは薬局に出向いて、薬剤師さんに直接自分の症状を伝えるのも恥ずかしいですよね。

 

 

さらに、3ヶ月以上続けて服用したい場合は、お医者さんに相談しなければならないそうです。

 

 

医者に行きたくないから市販薬にしてるのに、結局行かなきゃいけないなんて悲しいですよね。

 

 

しかも、発疹や頭痛、胃痛、腸の不調があらわれる副作用が出るかもしれません。

 

 

ここまで色々あると、続けるのが怖いというか、始めるのも怖くなってしまいますよね。

 

 

プレフェミンを飲んでみたい方は、飲み忘れないような時間などじっくり考えてからにしましょう!

 

 

■ プレフェミンと同じ位チェストベリーを含むサプリってある?
・ サプリでPMS対策できるものがあるって聞いたけど
・ プレフェミンと同じ位有効成分が入っている?
・ ものによっては400mg入っているものも

 

 

仕事が忙しいとなかなか時間が取れなくて、PMSが悪化してしまってツライですよね。

 

 

私も、立ち仕事で毎日忙しく、PMSの症状が毎月悪化してトイレで泣いていました。(涙)
周りに迷惑かけたくないと思っても、きつく当たってしまったりしていたんですよね。

 

 

お医者さんに行く時間はないし、プレフェミンは続けられなさそうという方はいませんか?

 

 

そんな方には、チェストベリーが配合された、PMSに効くサプリをオススメします!

 

 

実は、PMS改善のために日本で開発されたサプリメントって意外と多いんですよ!

 

 

プレフェミンと同じ量の有効成分、チェストベリー配合のサプリをいくつかご紹介します。

 

 

「ルナベリー」
そのリピート率はなんと93.2%と、かなり満足度の高い、効果が感じられる商品です。

 

 

チェストベリーは天然由来のものを40mg配合されているので、プレフェミンと変わりません。

 

 

さらに、イソフラボン、カルシウム、ビタミンB群などの栄養素も配合されています。
これらは全て天然由来の成分で、無添加なので安心して飲むことができますよ!

 

 

「女性のミカタ」
心への症状と、からだへの症状に効く2種類のサプリメントが一緒になった面白いサプリです。

 

 

心の症状のサプリは「やすらぎ編」といって、月見草が主な有効成分だそうです。
からだの症状のものは、「すこやか編」といって、チェストベリーが40mg配合されています。

 

 

「Vitex」
この商品は、アメリカで生産されている、チェストベリーのサプリメントです。

 

 

このサプリメントには、なんとチェストベリーが400mgも入っているんですよ!
チェストベリーの過剰摂取による副作用はあまり報告がないので大丈夫かと思います。

 

 

「チェストベリーをたくさん摂りたい」という方は、こちらのVitexがオススメです。

 

 

■ プレフェミンのチェストベリーは化学合成?
・ 40mgのチェストベリーの乾燥エキスが入っているプレフェミン
・ 20mgは合成の添加物で出来ている

 

 

プレフェミンのパッケージには、「チェストベリー乾燥エキス40mg配合」と書いてあります。

 

 

よく見てみると、その下に「チェストベリー抽出物として20mg」と書いてあるんですよ。

 

 

「どういうこと?」と頭の中にはてなマークが浮かんでしまうのではないかと思います。

 

 

プレフェミンに含まれるチェストベリーについて、意外な落とし穴があったのでご紹介します!

 

 

チェストベリー抽出物は、ハーブそのものから取り出した成分なので安心ですよね。
でも、抽出物は20mgと書いてあるけど、チェストベリーは40mg配合ですよね。

 

 

実は、プレフェミンのチェストベリーの半分は化学合成で作られた添加物で出来ているんです!

 

 

天然由来のものは20mgだけで、その他に含まれる成分も添加物ばかりなんですよ。
この添加物のせいで副作用があらわれてしまう方もいるんじゃないかと思います。

 

 

ですが、サプリメントは、全ての成分が天然由来の無添加のものがあるんですよ。

 

 

安全面からいっても、サプリでPMS対策を取った方がからだにとって良いかもしれませんね。

 

 

■ 同じ成分で手軽に買えて続けられるサプリ「ルナベリー」
・ サプリなのに薬と効き目が同じ?
・ 有効成分の含有量に注目!

 

 

人によっては寝込んでしまう程ツライPMS(月経前症候群)、なんとかしたいですよね。
私も症状が重く、毎月腹痛と頭痛、吐き気、イライラなどの症状で心も荒れていました。(汗)

 

 

プレフェミンは、日本で唯一のPMS対策の市販薬として注目されていますよね。

 

 

でも、なかには副作用がひどくて続けられない、という方も多いんじゃないかと思います。
購入方法や飲み方、決まり事が多いのも、続けるのが難しそうだと思ってしまいますよね。

 

 

プレフェミンと同じ効き目で、でもより手軽に購入出来て続けられるものがあるんですよ!

 

 

リピート率はなんと93.2%もある、とっておきのPMSに効き目のあるものをご紹介します。

 

 

それは、「ルナベリー」という、PMSに悩む方のために開発されたサプリメントです。

 

 

ルナベリーにも、プレフェミンと同じ成分が配合されていて、含有量も同じです。
PMSの有効成分として知られる「チェストベリー」が、どちらも40mg配合されているんです。

 

 

「要指導医薬品」のプレフェミンと違い、ルナベリーはサプリメントなので通販でも購入出来るんですよ!

 

 

購入の手軽さや、飲むときの注意事項も無いことから、リピートする方がとても多いんですよ。

 

 

■ ルナベリーの口コミとプレフェミンとの比較
・ 実際にルナベリーを飲んでいる人の口コミ
・ あまり悪い口コミは見かけない
・ プレフェミンとの違いは?

 

 

そのリピート率が93.2%と非常に高いルナベリー、試してみたいと思いませんか?

 

 

でも、購入する前に本当に効果があるのか、実際に飲んでいる人の声を聞いてみたいですよね。

 

 

私はいつもサプリなどを買うときは、先に口コミをチェックしてからにしていました。(笑)
ルナベリーを飲んで実際にPMSは改善されるのか、そのサプリの口コミを探してみました。

 

 

「辛かった身体のモヤモヤが楽になった」
「お肌の調子が驚く程よくなった!」
「彼氏との喧嘩がぐっと減った」
「感情の起伏が穏やかになった」
「飲み始めてから仕事にも集中できるようになった」
「眠気がおさまった」

 

 

などなど、PMSの症状が改善されて喜びの声をあげる方が本当にたくさんいるようです。

 

 

逆に、悪い口コミはないか探したのですが、あまり見つけることが出来ませんでした。
「肌の調子は良くなったが、イライラはまだ続いている」という口コミくらいしかなかったです。

 

 

悪い口コミでも、PMSの症状の軽減はされているので、効き目はあるということがわかりますね。

 

 

鉄分サプリなどのサプリメントは、薬よりも効き目があまり良くないと言われていますよね。
でも、ルナベリーとプレフェミンでは、その効き目は同じくらいと言われているんですよ!

 

 

プレフェミンの、PMSへの有効成分は「チェストベリー」で、含有量は40mgです。

 

 

ルナベリーの有効成分もチェストベリーで、プレフェミンと同じく40mg配合されています。

 

 

さらにルナベリーには、他にも月見草オイルなどの有効成分が含まれているんですよ!

 

 

サプリメントですが、成分からみると、プレフェミンと同じかそれ以上の効果が期待できそうですね!

 

 

■ ルナベリーのチェストベリー以外の成分は?
・ チェストベリーの他に何が入っているの?
・ 9種類のハーブがPMSに効いていく
・ 大豆イソフラボンなどの成分も配合

 

 

サプリメントだけど、愛用者がたくさんいるルナベリーは、とてもよく効くそうです。

 

 

プレフェミンと違って、気軽に飲めるのも人気の理由のひとつだと思いますよ!
サプリメントは食材のひとつなので、他に服用してる薬があっても安心して飲めますね。

 

 

効果が期待できるルナベリーの、PMSへの有効成分って他にどんなものがあるのか調べてみました。

 

 

チェストベリーは、古くから婦人科系疾患に使用されている評価の高いハーブです。
プレフェミンにも配合されていて、他のPMS対策サプリにも含まれています。

 

 

他にも、メンタル面に有効な、「月見草オイル」や「亜麻仁油」が配合されています。
月見草オイルはイライラに、亜麻仁油は集中力を高めて、美容効果も期待出来るそうですよ!

 

 

チェストベリー、月見草、亜麻仁油を含む9種類ものハーブがPMSに有効だそうです!
ブラックコホシュ、ワイルドヤム、レッドクローバー、ピクノジェールなどがあります。

 

 

あまり聞いた事がないかもしれませんが、古代ローマ時代から親しまれているものだそうですよ。

 

 

PMS有効成分以外にも、マグネシウムやイソフラボン、ビタミンB郡やカルシウムも豊富なんです!

 

 

からだを健やかに保ち、ホルモンバランスを整える手助けをしてくれるのも嬉しいですね。

 

 

ルナベリーは、PMSの心とからだの症状ふたつに効くので、効果が高いと高評価なんです!

 

 

■ ルナベリーに副作用はあるの?
・ 効き目が強いなら副作用もありそう
・ 副作用の報告はない
・ 天然由来の成分なので無添加で安心

 

 

プレフェミンよりも効き目がありそうなルナベリーに副作用ってないのでしょうか?

 

 

薬よりも強い効き目なら、薬よりもひどい副作用があるんじゃないかと不安になりますよね。
私もかつて、薬による副作用でツライ思いをしたことがあるので、副作用には敏感です。(笑)

 

 

ルナベリーの副作用は果たしてあるのかどうか、安全なものなのか調べてみました。

 

 

ルナベリーを飲み始めてから、副作用があらわれたという報告はないんだそうですよ!
というのも、サプリメントは栄養補助食品という食品の一種なので、副作用は無いんです。

 

 

さらに、ルナベリーの成分は全て天然由来の成分から出来ているので、安全なんですね。

 

 

ルナベリーは無添加のサプリメントなので、副作用の心配もなく、安心して飲む事が出来ます。

 

 

PMSの症状に悩んでいる方は、ぜひ一度ルナベリーを一ヶ月、試してみてくださいね。